借地権売却のポイント

借地権を所有している借地人の方で、この借地権を売却したい方は多いですが、実際に売却となった際に気を付けるポイントがいくつかあります。今回はこの借地権を上手に売却するポイントをみなさんにご紹介させていただきます。

まず、借地権はその土地を所有している地主が存在していますので、地主の承諾を得ることが大前提です。借地人の立場で考えた時にこの建物を地主に買い取ってもらえるかどうかは非常に重要なところでしょう。

割合そして、底地も含めて権利を所有している方はその借地権の評価割合を事前に知っておくことが大事です。借地権の評価は60%、底地が40%という評価が一般的です。もちろん売却時にこの評価割合が適用されるわけではありませんが、借地人の立場で考えた際にこの割合は地主に対して基準になる割合ではありますので、この評価割合をもとに話し合いを進めると良いでしょう。ただし、地主側からすれば元々は自分の土地であるものに高い代金を支払って借地権を買うということは難しいかもしれませんので、あくまで基準として考え、あとは交渉次第と言ったところが実際の進め方と言えます。また、借地権と底地をそれぞれ切り離して売却するのはあまり良い方法ではなく、どうせ売却するのであれば同時に売却した方が相場通りの金額で売却できる可能性が高いので、同時に売却するようにして下さい。

【関連記事】

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket