借地権売却のポイント

借地権を所有している借地人の方で、この借地権を売却したい方は多いですが、実際に売却となった際に気を付けるポイントがいくつかあります。今回はこの借地権を上手に売却するポイントをみなさんにご紹介させていただきます。

まず、借地権はその土地を所有している地主が存在していますので、地主の承諾を得ることが大前提です。借地人の立場で考えた時にこの建物を地主に買い取ってもらえるかどうかは非常に重要なところでしょう。

割合そして、底地も含めて権利を所有している方はその借地権の評価割合を事前に知っておくことが大事です。借地権の評価は60%、底地が40%という評価が一般的です。もちろん売却時にこの評価割合が適用されるわけではありませんが、借地人の立場で考えた際にこの割合は地主に対して基準になる割合ではありますので、この評価割合をもとに話し合いを進めると良いでしょう。ただし、地主側からすれば元々は自分の土地であるものに高い代金を支払って借地権を買うということは難しいかもしれませんので、あくまで基準として考え、あとは交渉次第と言ったところが実際の進め方と言えます。また、借地権と底地をそれぞれ切り離して売却するのはあまり良い方法ではなく、どうせ売却するのであれば同時に売却した方が相場通りの金額で売却できる可能性が高いので、同時に売却するようにして下さい。

【関連記事】

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権売却時のトラブル

売却借地権の売却は個人で行うことは難しくほとんどのケースで不動産業者もしくは専門家に依頼することがほとんどです。しかし、借地権を売却することは非常に難しく、なかなか売却できないなんてことも多々あります。また、いざ買い手が見つかったとしても、この借地権をめぐってのトラブルは多いです。今回はこの借地権を売却する際によく起こりやすいトラブルなどをみなさんにご紹介させていただきます。ぜひこのようなトラブルがないように円満で借地権を売却して下さい。

まず、借地権はその土地を借りている権利ですので、そもそもその土地を所有している地主が存在しています。大前提として、この地主から借地権を売却する旨を確認し、承認を事前に取っておくことが基本です。

実際に買い手が見つかったが、トラブルが多いのはこの地主とのトラブルなのです。まずは契約期間についてですが、借地権の契約内容は借地人が変更となっても依然と変わらず同一条件となります。借地期間があと数か月で切れてしまうのであれば、借地人は契約の更新をすることができますが、地主が拒むケースも出てきます。しかし、地主は正当な理由がない場合にはこの契約更新を拒むことができません。

次は借地権の売却を地主が認めてくれないケースです。一般的には借地権を売却する場合には地主に承諾料を支払うことで売却を承諾してくれるケースがほとんどです。ただし、地主が第三者にこの売却を認めてくれないケースが存在していますので、その部分は売却を検討した際に必ず確認を取るようにして下さい。

【関連記事】

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権とは?

借地権や底地などを所有している地主の方や借地人は非常に多いです。その地主や借地人は専門的な知識がありませんので、もし、借地権などを売却する際に誰にどのように相談して良いのか分からないことも多いはず。そもそもこのような借地権売却のケースでは、専門家に相談することが一番手っ取り早く手続きもスムーズに行ってくれますので、専門家に依頼することが良いのですが、ご自身でも借地権などの基本的な知識を事前に頭に入れておくことは、少しでも高値で売却する為には重要な項目の一つとして考えた方が良いでしょう。今回はこの借地権についてみなさんにご紹介させていただき、今後の売却に向けての基礎知識として予習をしておいて下さい。

借地権借地権とは、名前の通りその土地の地代を支払い、継続的にその土地を借りる権利のことを言います。借地権には地上権や賃借権など数種類の権利が存在していますが、木造住宅の場合にはほとんどのケースで賃借権のことを意味します。この賃借権には5つの権利が存在しており、その権利が旧法借地権、普通借地権、一般定期借地権、事業用借地権、建物譲渡特約付借地権となります。それぞれ在続期間などの違いがありますが、どれも賃借権であり、借地権となります。

その他にも借地権の中には所有権が付いている底地と呼ばれる権利も存在しています。この底地は収益性があまり見込めず、売却するのが難しいとされている為、不良資産と呼ばれることもあります。従って個人の方に売却するのではなく、不動産業者がこの底地を買い取りしてくれるケースがほとんどの借地権であると言えるでしょう。

【関連記事】

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket